産後の抜け毛のこと

産後の抜け毛があるけどカラーリングや縮毛矯正、パーマは大丈夫?

さくら
さくら
こんにちは。さくらです(*^^*)

今回は、産後の抜け毛期間中にカラーリングや縮毛矯正、パーマをしても大丈夫なのか解説していきたいと思います。

産後は女性ホルモンの影響で、抜け毛が増えたり、髪質が変わってうねりやすくなったり、
くせ毛の方は特に美容院へ早く行きたいものですよね。

さくら
さくら
私も妊娠前は半年に1回のカラーリング、1年に1回の縮毛矯正をしていたんですけど、髪への負担を考えて今はカラーリングも縮毛矯正もやめてしまいました。

美容院でのメニューで髪への負担が一番高いのはどれ?

美容院でのメニューで一番髪と頭皮への負担が高いものから順番に説明しています。

最もダメージが高いのが縮毛矯正

今やどこの地域にでもあるメニューですが、一番髪への負担が高いのが縮毛矯正。
昔はMr.ハビット、今だとリペアで知られていますよね。

通常、パーマは1液と2液から構成されていて、

1液はチオグリコール酸が主成分。
これは単品だけだと危険なので、アンモニアなどで中和させて使用しているんですが、
それでも髪への負担は大きいです。

2液は臭素酸ナトリウムが主成分で、
経口摂取すると腎臓や神経系に負担がかかることもあると言われている薬剤です。

そして、縮毛矯正の工程で発生するのが「シアンガス」というもの。
パーマと比べて縮毛矯正はその5倍もの量を発生させると言われています。

シアンガスは、胎児や乳がんなどの発生率にも影響しているといわれている有毒なガスです。

くれぐれも妊娠中や産後すぐ、完全母乳で育児されてる方は縮毛矯正は控えた方がいいかもしれません。

また、縮毛矯正を繰り返すと数年後に抜け毛が増え、薄毛につながる可能性も(>_<)

どうしてもという方はできるだけ間隔を空けることをおすすめします。

ブリーチも頭皮への影響大

ブリーチは髪の毛の色を作るメラニン色素を脱色させることで髪の色を明るくします。

主成分は過酸化水素で、油分や界面活性剤なども配合されていますが、
刺激が強いので皮膚(頭皮)への負担は大きいです。

カラーリング・白髪染め

一般的なカラーリングで使用されているヘアダイは、髪のメラニン色素を分解し脱色したうえで、色素を入れます。このようなヘアダイの染色剤は化学薬品や人口着色料などの成分でできており、頭皮に刺激を与え、ときには炎症を引き起こします。

引用:専門医が徹底解説!女性の薄毛解消読本

髪の毛の内部の色素を分解・脱色してから人工的な色素に変換するため、髪にしっかりと色素を定着することができ、持ちがいいのですが、体質やお肌の状態によってはアレルギーを引き起こすことも(>_<)

今まで何回もカラーリングをしてるから大丈夫だと思っていても、アレルギーは突然やってくるもの。

できれば、髪と頭皮へのダメージがほとんどないヘアマニキュアの使用をおすすめします。

ヘアマニキュアは髪の内部でなく、表面に色をのせるためダメージはほぼないといわれています。

ただし、もちが3~4週間と短いのがデメリット。

パーマ

カラーリングの次にダメージが高いのがパーマ。

毛髪内部の結合を切り離して変化させて再び薬品で固定する=薬や熱の力で髪の構造そのものを変えてしまいます。

その結果、髪1本1本が細くなり切れ毛や抜け毛になりやすくなります。

産後や妊娠中は使用を控えた方がいい

妊婦の方は染めないでください。妊娠中は普段と違いホルモンバランスが変わっており、ヘアカラー1剤に含まれる成分に対してアレルギーを起こしやすいと言われているためです。産後もホルモンバランスが整うまではヘアカラーをしないほうがよいでしょう。

引用元:ロレアルパリ日本公式サイトよりhttps://www.lorealparisjapan.jp/hair_color/qa/hair_color03.html

Q:病中、病後の回復期、生理時、妊娠中にヘアカラーは使用してはいけないのですか?

A:ヘアカラーを使用しないでください。

病中、病後の回復期、生理時、妊娠中は、頭皮や皮膚が過敏な状態になっていることが多いので、かぶれを起こす可能性があります。

引用元:日本ヘアカラー工業会よりhttp://www.jhcia.org/qa/qa01/#08

大手のカラー剤メーカーや美容師向けのサイトでも妊娠中や産後のカラーリングは控えるべきだとしています。

産後の抜け毛は女性ホルモンの影響が大きいですから、抜け毛期間中はまだホルモンバランスも落ち着いていない状態です。

さくら
さくら
ですので、どうしても早くカラーリングしたい!という方は、抜け毛が終わって落ち着いてきたかな?と思った頃にした方がいいですね。

自分の髪や頭皮の状態を見ながらなるべく回数を減らす

危険性はわかったけど、それでもどうしてもオシャレはしたいものです。
ポイントはやりすぎないことと正しいケア。

カラーリングやパーマ後などはそれ用に適したシャンプーを使うなど、
その時の髪の状態にあったものでケアしましょう。

産後に使って欲しい人気シャンプーランキングと育毛剤
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ

↓実際に使ってみて良かったシャンプーランキングはこちら↓

↓アットコスメでの評価が高くコスパのいい育毛剤がこちら↓