産後の抜け毛のこと

抜け毛にいいと言われている大豆イソフランボンの注意点

産後の抜け毛は女性ホルモンの急激な変化が原因。
この女性ホルモンに似た働きをするのが「大豆イソフラボン」と言われています。

イソフラボンといえば、更年期障害やPMS(月経前症候群)、美容にも効果があるといわれ、女性にとっては嬉しい作用ばかり。しかし、過剰摂取によるデメリットが意外と知られていないんです。

大豆イソフラボンの効果

イソフラボンは美容ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」に似た働きがあります。
エストロゲンは、肌にハリや潤いを与えたり、髪に艶を与えたり、乳房を膨らませたり、子宮内膜を厚くしたりといった女性らしい体を作るのに作用しています。

その他には、骨粗しょう症の予防やがんの発症を下げる効果があると言われています。

イソフラボンをサプリなどで過剰摂取するとどうなる?

今はイソフランボンのサプリはあまり耳にしなくなったけど、
一時期人気になったことから過剰摂取する女性が増えました。

このため、食品安全委員会が1日当たりの摂取目安量の上限を70~75mgにし、そのうちサプリを含む特保を利用した摂取量の上限を30mgとしています。

というのも、サプリだけでイソフラボンを大量に摂ると、エストロゲンの血中濃度が過剰になります。すると、脳下垂体から卵巣へ正しい命令が出されず、女性ホルモンのバランスが崩れ、月経不順・子宮内膜症などのリスクが高まることが報告されているんです。参照書籍:女性ホルモン整えレッスン

イソフラボンが多い食品

サプリと違って、イソフラボンが多く含まれている食品を毎日毎食食べたからといって過剰吸収されることはありませんので、できるだけ食品から摂るようにしましょう。

大豆食品100g中の大豆イソフラボン含有量

きなこ:266mg
納豆:130mg
高野豆腐:88mg
大豆煮:72mg
豆乳:24.8mg
みそ:49.7mg
油揚げ:28.8〜53.4(商品による)

こうやって見ると、かなり摂取しやすいことがわかると思います。

朝は豆乳やヨーグルトにきなこをトッピングしたり、昼はお弁当だと煮豆を入れたり、夜は味噌汁など、比較的毎食取り入れやすいですよね^^

エストロゲンは20代後半をピークに年齢と共に徐々に分泌される量が減っていきます。そのため、積極的にイソフラボンを摂取することは女性にとってとっても重要だといえます。

産後に使って欲しい人気シャンプーランキングと育毛剤
にほんブログ村 美容ブログ 女性の薄毛・抜け毛へ

↓実際に使ってみて良かったシャンプーランキングはこちら↓

↓アットコスメでの評価が高くコスパのいい育毛剤がこちら↓